フリーダイヤルをスマホで発着信できることをご存知ですか?

2020年9月15日着信課金電話番号(フリーダイヤル)

多くの企業が導入しているフリーダイヤル。発信者に通話料金が発生しないことから、お客様からの問い合わせや注文を受ける連絡回線として活用されています。

しかし便利な一方、フリーダイヤルはスマホ転送には適していないというイメージはありませんか?「転送費用がかさんでしまう」「フリーダイヤルでの発信ができない」といった悩みを持つ企業は少なくないでしょう。

しかし、こういった悩みを解決できるサービスも存在するのです。この記事では、そんな悩みに役立つおすすめのサービスをご紹介します。

>>漫画でわかるナイセンクラウド 好評配信中!<<

フリーダイヤルをスマホ転送で利用する際の困りごと

「0120」や「0800」から始まる電話番号はいずれもフリーダイヤルです。0120は多くの事業者から人気が高く、国内では枯渇しています。その結果、現在では0120を取得する場合は転売業者から高額で購入しなければならない状況です。

フリーダイヤル枯渇の状況を鑑み、対策として0800から始まるフリーダイヤルが打ち出されました。0800の番号は、0120より費用が安く、番号を選びやすいのが特徴です。携帯番号と勘違いされやすいですが、最近ではフリーダイヤルとしての認知度が向上しています。また、海外では以前から多くの企業が0800を利用しています。

 

このように人気の高いフリーダイヤルですが、スマホに転送するとなると、デメリットも発生します。ここでは、フリーダイヤルをスマホで利用する際の困りごとを4点ご紹介します。

着信はできるが転送費用が高い

フリーダイヤルに電話がかかってきても、「問い合わせに対応できる担当者が不在」「「人手が足りていない」という場合は、フリーダイヤルをスマホに転送することもできます。ただし、そのためには転送サービスというオプションに加入しなければなりません。そして、転送サービスを使った場合、通話料が発生してしまいます。転送回数が頻繁、あるいは長時間の通話をする場合は、費用がかさんでしまいますよね。

着信はできるが受けられるのは1台のみ

原則として、転送できる通信端末は1台に限られています。着信自体は受けられるものの、受けられるのが1台のため、対応しきれないことも少なくありません。

例えば、AさんとBさんとCさんの3人が外出していた場合、フリーダイヤルが転送されるのは、この中の1人だけです。このような状況では対応できるお客様の数も限られてしまい、ビジネスチャンスを失い、業務効率が悪くなってしまいます。

フリーダイヤルでの発信ができない

スマホにフリーダイヤルを転送して着信に出ることはできますが、フリーダイヤルの電話番号を使用して発信することはできません。一般的な携帯番号から着信があった場合、お客様は警戒して電話に出ない傾向があります。フリーダイヤルは、企業であることを示すとともに、お客様に信頼感を与える重要なツールです。

このように、フリーダイヤルを契約しているにもかかわらず、出先のスマホから発信できないのを不便に感じる人は多いのではないでしょうか。

固定電話番号が必須

会社を設立する際、固定電話は必須ではありません。法人登記も、連絡先となる何かしらの電話番号さえあれば問題がないためです。法人口座を契約する場合など、ビジネスサービスの審査段階で固定電話を導入していた方が便利とはいえ、スマホのみで対応している会社も少なくありません

 

しかし、フリーダイヤルを契約する場合は固定電話番号が必須です。これは、フリーダイヤルが固定電話番号に紐づけて利用する仕組みになっているためです。フリーダイヤル宛にかかってきた着信は、契約時に紐づけた固定電話回線を使用して通話します。ただし、フリーダイヤルを契約したからといって、新たに回線を引く必要はありません。

フリーダイヤルの「0120」や「0800」で始まる電話回線は実際に存在しているわけではなく、固定電話番号に紐づくことによって、初めて利用できるということを覚えておきましょう。

フリーダイヤルを複数のスマホで発着信するには?

フリーダイヤルを複数のスマホで発着信することができたら、便利に感じる方は多いのではないでしょうか。そんな効率的な仕組みを実現するのが、「クラウドPBX」です。

PBXは、オフィス内にビジネスフォンを設置する際に導入する主装置のことです。クラウドPBXとは、その装置の機能をクラウド上のサーバーで利用できるサービスを指します。すなわち、PBXを設置しなくても、転送保留や留守電機能、複数の電話回線の利用が可能になります。

 

ここからは、クラウドPBXのメリットや、おすすめのクラウドPBXについてご紹介します。

クラウドPBXを使えば複数スマホで発信・着信の両方が可能

クラウドPBXを使えば、複数のスマホで発着信することが可能です。

従来のフリーダイヤルオプションサービスでは、転送はできるものの、スマホ1台のみの利用・着信のみと限られたものでした。しかし、クラウドPBXであれば、複数のスマホからフリーダイヤルの番号で発信・着信することが可能です。外回りする社員が多くても、クラウドPBXを活用すれば、ビジネスチャンスを逃しません

コストを削減できる

ビジネスフォンを設置する際は、導入時に少なくとも数十万円はかかります。また、オフィスを移転するたびに移設工事費用が数万円発生してしまいます。社員が増えると、それに伴い追加購入と工事費用も必要です。しかし、クラウドPBXを使えば、これらのコストが全くかかりません。 

一般的に、フリーダイヤルの転送オプションを利用した場合、月額使用料に加えて通話料金も発生します。しかし、クラウドPBXであれば、月額使用料のみで、通話料金は発生しません。

クラウドPBXは、ビジネスフォンやPBXの導入費用だけでなく、通話料金もかからないため、大幅にコストを削減することができます

フリーダイヤルをスマホで発着信するなら「ナイセンクラウド」

フリーダイヤルをスマホで発着信するなら、弊社が提供するクラウドPBXの「ナイセンクラウド」はいかがでしょうか。

会社電話をどこでも発着信・内線化でき、導入実績は2,000社を超えます。インターネット環境さえあれば、設置の際の工事が要りません。開通は約10日前後のため、すぐに利用開始できます。設定変更はウェブでできるため、設定変更に伴う工事も要らず、翌日から電話端末の台数を増やすことも可能です。

 

従来のフリーダイヤルの転送サービスと異なり、複数の端末でフリーダイヤルの発着信ができるのが特徴です。転送にかかる通話料をカットでき、また通常の通話料も抑えることができます。国内外問わず、どこでもフリーダイヤルを転送することができます。

 

着信があった際は、複数の電話端末が鳴り、手の空いている人が迅速に受電できるため、ビジネス電話に最適です。もちろん、特定の端末のみの呼び出しや、代表番号と顧客窓口番号を着信する端末を分けるなどの設定も可能です。また、クラウドサービスのため、月単位で規模の拡大・縮小に柔軟に対応でき、繁忙期などに一時的に電話を増やしたい場合にも効果的できます。豊富な機能を搭載していることから、業種や企業規模を問わず、多くの支持を受けてきました。

 

ナイセンクラウドの主な特徴・機能は以下のとおりです。

 

◎さまざまな電話番号でどこでも発着信できる

国内外問わず「03」「06」「050」「0120」「0800」局番で発着信し、内線で取り次ぐことが可能です。

 

◎対応している端末が豊富

ナイセンクラウドは、PC・スマホ・IP電話機のいずれかに対応できます。社内ではIP電話機、外出先ではスマホ、コールセンターはヘッドセットを用いてPC、というように使い分けられます。IP電話機の場合もLANケーブルで接続するため、電話線が要らず、スペースをとりません。

 

◎複数の電話番号を一括運用できる

例えば、代表電話番号、通販窓口、フリーダイヤル番号、支店の電話番号、実験用電話番号などを1つの管理画面上で一括管理・運用することができます。また、いつ、誰と誰が、何秒通話したかなど、通話履歴をスマートフォンやPCなどのウェブ上でいつでも確認することができます。営業業務を見える化し、受け取れなかった電話を確認して、迅速かつ確実に電話をかけ直せるでしょう。

 

◎内線通話はどこでも無料

一般のビジネスフォンと異なり、内線電話を社外に持ち出すことができます。そして、通話料は国内外どこでも無料です。

 

◎外線通話は国内外どこでも3分8円~(固定電話料金)

国内外どこからでも外線通話が日本国内の固定電話料金です。携帯電話や国際電話網を使用しないため、通話料金を大幅に抑えることができます。

 

◎リースが不要

PBXやビジネスフォンは、リースで契約することもできますが、自社の所有物にはならないうえ、途中解約もできません。しかし、ナイセンクラウドであれば、クラウド上のサービス利用のため、気軽に開始・解約することが可能です。

 

◎どこに・誰から電話がかかってきたかを表示できる

電話番号を複数設定することができ、着信時は、どこの電話番号宛てに、誰からかかってきたかが表示されます。IP電話機やPC、スマホなど、いずれの端末でも同様の設定をすることが可能です。

 

◎留守番電話メッセージをメール送信できる

留守番電話に録音された音声をMP3形式でメールに添付して送信するため、留守番電話センターに接続しなくても、いつでもどこでもリアルタイムで情報を確認できます。

 

◎対象時間別の着信ルール・アナウンス設定ができる

時間帯や曜日別、着信番号ごとに、着信ルールやアナウンスを詳細に設定することが可能です。例えば、土日と平日9時~18時以外は営業外のアナウンスを流す、特定の電話番号からの着信は特定の内線のみ呼び出す、などが挙げられます。

 

◎非通知電話や特定番号の着信をブロックできる

非通知番号や特定電話番号からの着信に対し、切断や話中、アナウンス、呼び出し音を鳴らし続けるなどの設定をし、ブロックすることができます。もちろん、呼び出し音を鳴らし続ける際も受電側の電話は鳴りません。

 

◎古いスマホやiPodもWi-Fi利用で電話機として活用できる

古いスマホやiPodもWi-Fiをつなげば電話端末として利用できます。また、iPod touchにも対応しているため、スピーカーフォンの特徴を活かして会議用として用いるのもおすすめです。

 

◎初期は一律10,000円、月額2,000円から

初期費用は一律で10,000円発生します。月額費用は使用する内線数に応じて異なります。1内線は2,000円、2内線は5,000円、5内線以上は10,000円~です。5内線以降は、1台追加ごとに毎月1,000円の月額使用料が発生します。プラン変更は月額費用変更のみですが、別途外線他社との契約が必要な場合もあります。

 

このように、ナイセンクラウドには様々な機能が揃っています。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>>ナイセンクラウドの詳細をチェック!<<

 

ナイセンクラウドについて動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください。

▼1分でわかるナイセンクラウド

フリーダイヤルの導入もスマホで発着信ができれば簡単!

今回はフリーダイヤルをスマホで発着信する方法についてご紹介しました。フリーダイヤルを導入したものの「対応できる社員の外回りが多い」「社員が足りない」という場合でも、クラウドPBXであれば問題ありません。

フリーダイヤルは、企業の信頼感を高めるだけでなく、お客様の要望をダイレクトに知ることができる重要なツールでもあります。フリーダイヤルの電話番号をスマホから発着信できるクラウドPBXを活用すれば、フリーダイヤル導入後も、効率よく運用できるでしょう。

クラウドPBXは、転送保留や留守電機能、複数の電話回線の利用など、ビジネスフォンに必要な機能が備わったサービスです。クラウドPBXの「ナイセンクラウド」であれば、業種・会社規模を問わず、自社の利用シーンに合わせて活用できます。ぜひ導入をご検討ください。