03で始まる番号をスマホで発着信する方法

2020年9月15日電話業務の効率化

東京にお住まいの方や東京の企業に勤めている方にとって、03で始まる番号は馴染み深いものでしょう。03番号は発信者の身元について、少なくとも東京からであると伝えることのできる番号であり、090や080のスマホからの電話に比べて怪しい電話であることが少なく、電話の相手も電話に出やすい番号です。

しかし外出の多い営業担当者や出張中のビジネスマンは、出先ではスマホから顧客に電話を掛けることが多く、03番号から電話を掛けることができません。もしスマホからでも03で始まる番号を使って発信ができれば、顧客に怪しまれることなく電話に出てもらいやすくなるでしょう。また、03で始まる会社の電話をスマホで着信できれば、外出中でも会社にいるのと同じように電話対応が可能になり、業務効率をアップさせることもできます。

では、実際に03で始まる番号をスマホで発着信する方法はあるのでしょうか。今回は03番号をスマホで発着信する方法についてご紹介します。

>>漫画でわかるナイセンクラウド 好評配信中!<<

03で始まる電話番号とは?

「03」は東京の市外局番で、東京23区からかかってくるものです。東京23区内の通常の家庭電話はもちろんのこと、都内にある企業の番号もこの市外局番から始まります。

一方、一般的な携帯電話による発着信だと、「080」「090」「070」の番号から始まることがほとんどです。プライベートの用途で使う分には問題ありませんが、個人の電話番号か企業による電話番号か区別がつきにくいため、ビジネスの用途には不向きです。場合によっては、企業の信頼性が低く見られてしまう可能性もあるかもしれません。

電話業務の効率化だけでなく、こうした問題を避けるためにも企業ではビジネスフォンが設置されています。しかし、ビジネスフォンの設置はそれなりにコストがかかります。システムの導入費や回線工事費、各種端末の購入・レンタル費用など、何かと支出がかさみます。そのため、スマートフォンなどのIT端末を活用した便利な電話システムが求められるようになりました。

03で始まる電話番号をスマホで着信するには

それではスマホで「03」から始まる番号を使って着信するにはどうしたら良いのでしょうか。着信・発信とそれぞれの項目ごとに確認してみましょう。

転送サービスを使えば03で始まる電話番号をスマホで着信できる

NTTやKDDI、SoftBankなど携帯電話会社が提供している機能に「転送サービス」というものがあります。転送サービスは大きく「着信転送」と「発信転送」の2種類に分かれていて、03の番号では着信転送のみ使えるケースが一般的です。そのため、このような転送サービスを使えば、スマートフォンでも企業にかかってきた03番号の着信はできます。しかし、あくまで「転送」なので、通常の着信ならかからない転送通話料が転送サービスの契約者に発生してしまいます。その他、転送電話はスマホに着信番号が表示されないため、会社宛て・個人宛ての着信を区別することができない欠点があります。

転送サービスでは03で始まる電話番号をスマホでは発信できない

着信の問題は転送サービスによって解決できたとしても、03の番号を使った発信は転送サービスでは行えません。発信した場合には通常の携帯番号が表示されるため、相手に不信がられてしまう可能性もあります。例えば、顧客に電話をする場合であれば、会社の電話番号でないため不審がられてしまったり、すぐに出てもらえない可能性があったりするため、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるのです。

発着信両方を行うならクラウドPBX

今ご紹介したような03着信と発信を一挙に可能にするものとして、「クラウドPBX」というシステムがあります。通常、オフィスでビジネスフォンを使う際にはPBXと呼ばれる内外線を制御するための装置が必要ですが、クラウドPBXはその機能をインターネット経由で実現する仕組みのことです。物理的に装置を置かずに機能を果たせるため、コストや運用面で大きなメリットがあります。

それでは、クラウドPBXについて次の章でもう少し詳しく確認してみましょう。

クラウドPBXでは何ができる?

ここでは03番号で発着信の両方が行える「クラウドPBX」について、その他に何ができるのか、詳しくご紹介します。

スマホやPCを電話機にできる

クラウドPBXの魅力の1つに、PCやスマートフォンを会社の電話機として活用できるということがあります。従来のビジネスフォンは固定電話機しか使うことができませんでした。しかし、クラウドPBXはネットワークを介して利用するため、すでに手元にあるスマホやPC、タブレット、その他モバイル端末をビジネスフォンとして利用できます。インターネットに接続されているという条件をクリアしていれば、端末の制限はほぼありません。従来通り、社内での内線取次ぎはもちろん、出先・出張先・海外でもWi-Fi環境があればいつでもどこでも電話対応ができるのが魅力です。

その他にも、電話回線の工事が不必要で社内レイアウトの変更が容易に行えるのも、副次的なメリットでしょう。

内線の範囲を広げられる

クラウドPBXではさまざまな端末を駆使できるため、内線の範囲を拡大できます。例えば、在宅勤務やテレワークはもちろん、海外拠点でのやりとりも内線を使って問題なく行えます。内線の範囲が拡大することにより、社内の多様な働き方を叶えるだけでなく、国外の情報共有も電話で気軽に行うことができるため、今よりも社内のコミュニケーションを活発にすることができるでしょう。

電話に掛かる費用を大幅に削減できる

ビジネスフォンを使う場合、PBXの導入費用はもちろん、回線の工事代やメンテナンス費・電話端末の購入代・移転の際の撤去費用など、コストがかさんでしまうというデメリットがあります。一方で、クラウドPBXでは物理的な機器設置を伴わないため、これらの費用が掛かりません

さらに前述したように内線の範囲が広がることで、今まで外線で掛けていた電話を内線に変えることで電話代も安くなります。また、一般的な転送サービスを活用していた場合も通話料金を抑えることができるでしょう。

ちなみに、サービスにもよりますが、クラウドPBXの多くは月額の使用料と通話料金を足した料金体系が一般的です。導入時には初期費用がかかりますが、従来のPBXと比べると非常に安価です。そのため、まとまった金額を用意できない場合や、一時的に利用したい場合にもおすすめのサービスです。

03で始まる電話番号に対応したクラウドPBX「ナイセンクラウド」

さて、ここまでご紹介したように多くのメリットを持っているクラウドPBXですが、どのクラウドPBXを選べばいいのか迷ってしまう方も少なくはないでしょう。そこで、今回は弊社が提供するクラウドPBXサービス「ナイセンクラウド」についてご紹介します。

ナイセンクラウドの特徴・機能

ナイセンクラウドでは、03番号以外の他全国局番や0120や0800などのフリーダイヤルでも発着信が可能です。もちろん、使える端末はPC・スマホ・IP電話機と幅広く、社内ではIP電話機、外出先ではスマホ、コールセンター業務を行う拠点ではPCとヘッドセットで運用するなど、業務のシチュエーションに合わせて活用できます。

さらに、ナイセンクラウドでは複数端末で一斉着信する設定をすることも可能です。着信時は設定した電話機・PC・スマホを一斉に呼び出すことができるため、電話を取り逃がす心配はありません。代表電話番号や各種窓口、フリーダイヤルなどの番号を管理画面で一括管理できるので、運用の際も非常に楽です。着信の際も、どこの誰からの電話なのかが一目で分かるように表示されるため、電話対応もスムーズに進められるはずです。

 

外出先や複数拠点、海外でも内線取次ぎすることができます。内線間の通話は無料で、拠点間同士や海外~本社間など通話料はかかりません。ちなみに、外線電話の通料金はどこからかけても3分8円~となっています。海外拠点とのやりとりが多く、国際電話の通話料がかさんでいる企業では、ナイセンクラウドの導入によって通話料を格段に安く抑えることができます。中には年間300万円掛かっていた国際電話の通話料を、100万円以下に抑えた事例もあります。

 

その他にも、留守番電話の音声をMP3形式でメールに添付できる機能や時間帯・曜日に応じて着信規則やアナウンスを設定できる機能など、実用的な機能が多数用意しています。通常のビジネスフォンと同じように、特定の電話番号をブロックすることもできるため、イタズラ電話の心配もありません。電話後は対応履歴が残り、誰がどの相手とどれだけの時間電話をしていたかデータが残るため、業務活動を管理したり、テレワークの生産性を管理したりする際にも役立つでしょう。

 

このように、ナイセンクラウドには一般的なクラウドPBXのメリットに加えて、電話業務を効率化する機能が備わっています。ナイセンクラウドの機能について、実際の挙動を交えて動画で紹介していますので、是非ご覧ください。

ナイセンクラウドの料金・プラン

では料金プランについて、もう少し詳しく確認してみましょう。ナイセンクラウドの料金は、契約する端末台数と電話回線数によって変わります。ナイセンクラウドの料金プランは「ライトプラン」「ペアプラン」「プロプラン」の3種類に分かれています。

 

ライトプランは個人経営の企業などにおすすめのプランで、外出先で固定電話機能を活用する頻度が多い方におすすめです。初期費用は10,000円で、月額費用は2,000円です。支払い方法は自動振込とクレジットカードから選択できます。費用も安価で比較的小回りが効きます。

 

続いて、ペアプランは1~2人向けの少人数用プランで、起業間もない時期に活用したり、新規事業を立ち上げたりする際におすすめです。こちらのプランでは内線機能も利用でき、外線をスマホやPCなどにつなぐことができます。初期費用は10,000円で月額費用は5,000円です。ライトプランと同じく、支払い方法は自動振り込み・クレジットカードから選択可能です。

 

最後はプロプランです。プロプランは中小企業から大企業までのやや大きい規模感の企業におすすめのプランです。ナイセンクラウドの機能は一通り活用することができるプランで、問い合わせや電話業務が多く発生する企業に向いています。料金は初期費用が10,000円、月額費用も10,000円で、5内線以上に内線を増やす場合には台数ごとに1,000円が加算されます。

ただし、増やした台数に応じて割引が適用される場合もああります。支払い方法は自動振り込み・クレジットカード・請求書払いの種類から選択可能です。

 

サービスサイトでは個別見積り、自動見積りが可能です。お気軽にお問い合わせください。

>>ナイセンクラウドについて相談する<<

03で始まる電話番号をスマホで発着信するならクラウドPBX!

今回はスマホを使って03の電話番号で発着信ができる、クラウドPBXについてご紹介しました。ここで、今回の内容について改めておさらいしてみましょう。

03は東京の市外局番で、一般的なスマホでも転送サービスを活用することで着信できます。一方で、転送料金がかさんでしまったり、03番号で発信できなかったりするなどのデメリットがあります。しかし、今回ご紹介したクラウドPBXを使えば、03を始めとした全国局番やフリーダイヤルで発着信することが可能になります。また、クラウドPBXの魅力はそれだけでなく、電話業務の効率化を図ったり、コストを軽減したり、多様な働き方を叶えてくれたりするなどのメリットもありました。

そんな便利なクラウドPBXは、現在では多くのサービスが市場に出回っています。中でも弊社が提供する「ナイセンクラウド」はクラウドPBXの恩恵はそのままに、実際の業務に役立つような便利機能を搭載しています。料金体系も数種に分かれていて、会社の規模や状況に合わせて選べます。

多様な働き方の実現や働き方改革など、従来の会社の運営方法を変えるときが来ています。03で始まる電話番号をスマホで発着信ができるクラウドPBX、ぜひ導入して電話業務の効率化を進めていきましょう。